イベント
ホーム 事業案内 会員募集 薪の頒布 アクセス イベント ブログ

深山フィールド 花いっぱいプロジェクト2020第二弾
=ズームラインにラベンダーを植えよう!= を開催しました。

6月11日関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表された二日後、やはり雨となった深山 フィールド前のズームライン歩道にラベンダーの苗を植えました。
今回のイベントは、杣人の会賛助会員の皆様を中心に総勢13名で行いました。

ズームライン歩道には以前からラベンダーが植えられていましたが、雑草に負け枯れてしまった ため、今回、杣人の会の活動拠点である深山フィールド前を杣人ラインと呼んでいただけるような きれいなズームラインにすべく、新規にラベンダーを植えることにしました。

植え付けを始める前に、苗を購入した宮坂園芸の宮坂さんからこのラベンダーの特徴と植え付けのコツや注意点の説明をしていただきました。

種類はラベンダーの中でも代表的とされるイングリッシュラベンダーで、別名「真正ラベンダー」 とも言われています。また、イングリッシュラベンダーは2季咲きとなるのも特徴で、開花期は 5~6月と9~10月となるそうです。

小雨の中、移植ごてをもって深山フィールドからズームラインに移り、その数174鉢のラベンダーを前にして、皆さん張り切って植え付けに取り掛かりました。

最初は、植え付け場所の防草シートの切れ込みの大きさがラベンダーの根鉢の大きさと合わない ため、皆さん苦労して植え付けていましたが、そこはチームワークのなせる業、カッターを持って 切れ込みを広げてくれる担当者が数人現れました。その後は植え付け作業がいっそう捗りました。

途中、雨脚が一段と強くなってきたためある程度の数を植えて終えようかと思いましたが、一人の賛助会員の方が、「せっかくだから全部植えないと終えられないよね。」と発言。その声にまわりからも賛同の声。

全員が力を合わせた結果、途中大雨となりながら開始から約一時間で、予定していた箇所全部に ラベンダーの苗を植えることができました。

ラベンダーを植えた後は、周りにウッドチップを撒き防草シートを隠し、最後に白樺材を置いて チップが流れ出ないよう押さえとしました。

最後に皆で、植えたラベンダーを前にして記念写真を撮りました。思い出深きイベントでした。

◎ 参加者からのコメントです!

 雨の中の作業でしたがすべての鉢の植え付けを終えることができて良かった。
花が満開になった時の見事な景観が楽しみだ。  by AI               

 原村のために活動したいとこちらへ来て3週間。初めての参加でこの悪天候。
すごいスタートになりましたが、皆さんが温かく受け入れてくれて、体は冷えましたが、心は温まりました。
次回は豚汁を食べて、体も温まりたいなあ。  by SI

 先日のラベンダーの花植えでは、大変お世話になりました。初めてのイベント参加で、とても楽しみにしていました。
あいにくの大雨…。それでも、会の皆樣の事前準備とチームワークの良さに、感心いたしました。
沢山のラベンダーを地域に植える活動に参加でき、何よりでした。次回は、天候に恵まれますように  by MK

 集合場所にずらりと並んだラベンダーにびっくり。ズームラインに整然と植え付けられた、その美しさにまたびっくり。
秋には紫の花が咲き誇る様子を見て、またまたびっくりしたいと思いました。
雨に濡れながらの作業も、それはそれで良い思い出になりました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。  by CT

長野日報に花いっぱいプロジェクト2020の活動の様子が紹介されました。画像をクリックすると大きい画像で見られます。